あなただけのスキンケアメソッド
無料肌診断
来店肌診断

ニキビケアの使い分けについて

ニキビケアは肌タイプと年齢で方法を変えるのが効果的です。このページでは、肌タイプ別の方法や年齢別の対処法をご案内しています。

年齢に伴って変わることは、ニキビの改善力です。

年齢が若いほど、肌の機能力があるため、ニキビの改善力はあります。しかし、若い人ほど、皮脂の分泌量が多いため、ニキビが発症しやすいのは確かです。
年齢を重ねるにつれて、肌の機能力は低下しますので、ニキビの改善力も低下してきます。しかし、皮脂の分泌量は減ってきますので、皮脂量増加によるニキビの発症は減っていきます。

  • 炎症が起きていないニキビの場合
  • 皮脂が分泌される毛穴の環境が整っていない為に、毛穴の中に皮脂が滞っている状態なので、スキンケアにて毛穴の中の環境を整えることです。
    年齢が若い10代の方は、特に皮脂量が多いため、皮脂量をコントロールするスキンケア方法の実施です。
    20代以降の方は、皮脂量よりも毛穴の中の環境が悪い為、皮脂が毛穴からスムーズに分泌されやすくするスキンケア方法の実施です。
  • 炎症が起きているニキビの場合
  • ニキビ菌による増加が炎症や化膿を引き起こしています。

皮脂量が多い若い方はニキビ菌が増加しやすいので、あっという間に炎症や化膿してきます。
しかし、改善力はあるので、回復は早いです。10代の方はニキビの予防がいかに大切かということです。
逆に大人の方は、進行は遅くても、ニキビの改善力が弱いために、炎症や化膿が長びくことが多いです。化膿した状態が長いと、肌の組織を破壊していくので、ニキビ跡が形成されます。炎症や化膿をいかに早く沈静させることができるかが大切です。

様々な肌タイプごとの方法が出回っていますが、肌の表面上の肌の状態による区別です。
肌状態は季節や体調、その時々で肌状態はかわります。
脂肌なのに、乾燥するので、脂肌なのか、乾燥肌のか、対策方法に悩む人もありますが、分ける必要はありません。肌の状態を分けるよりも、肌の状態が正常であるか、そうでないか?が大切です。それによって、まったく対策方法と改善する速度などが異なります。

若い10代は、皮脂の分泌量をコントロールしてニキビケアをしましょう。
ホルモンバランスの変化、活発になる時期です。それによって、皮脂の分泌量が多くなります。皮脂が多くなることでニキビができやすくなります。

大人の方は皮脂と水分のバランスを整えるためのニキビケアを行いましょう。
皮脂量が多くないのにニキビができる。乾燥しているのに、ニキビができるのは、皮脂量が多くてニキビができているのではないということです。皮脂と水分のバランスが崩れて、皮脂が固まりやすく、肌の乾燥がニキビを発症させています。

ピーリングやレーザーなどの刺激の強い対策、刺激の強い化粧品などの使用です。
特に炎症を起こしているニキビや化膿しているニキビの肌状態は、肌の表面や毛穴の中が傷ついている状態なので、刺激を与えることで、余計に肌は傷つき、細菌感染による炎症や刺激を受けることによる炎症が増します。そのため、ニキビの状態が悪化します。

薬の長期連用にする対策です。
抗菌剤や抗生物質はニキビ菌の死滅、増殖防止をすることはできます。が、薬を使用している時に限るため、ニキビ菌が増加しやすい肌状態ですと、ニキビが再び発症してしまいます。何度も繰り返しニキビができている方は薬を長く使用する可能性がでてくるので副作用がおきます。

ニキビは肌の状態が健康であれば、年齢、性別問わす、肌トラブルは改善されていきます。しかし、正しい対策を実施しないと十分な結果は得られません。

肌状態、今までの対策内容は千差万別です。当然、対策方法も異なっていきます。
スキンケアを真似しても、流行りの化粧品を使っても、改善はされません。
肌を健康な状態にさせるスキンケアの実施が大切です。

  • 顎
  • 頬
  • 額
  • 鼻