あなただけのスキンケアメソッド
無料肌診断
来店肌診断

ニキビの原因を徹底解説

ニキビの原因を究明し、それぞれの原因にあわせた適切な対処法のご紹介をいたします。日々の生活から改善できることもありますので、是非ご覧下さい。

ニキビは、毛穴に皮脂が詰まることによって発生します。
毛穴から分泌される皮脂はストレス、ホルモンなどの影響で、皮脂の分泌量が増加します。皮脂は炎症を起こしやすい遊離脂肪酸に変化し、遊離脂肪酸による刺激が毛穴の出口を肥厚させてしまいます。その結果、皮脂は毛穴の中に停滞貯留してニキビをつくります。
しかし、皮脂の分泌量が増加しても、皮脂がスムーズに分泌されている環境が整っていれば、ニキビになることはありません。
肌が傷ついていると、環境が整わず、ニキビになりやすくなるのです。

皮脂を遊離脂肪酸に変化させてしまうのが、アクネ菌と言われるニキビ菌の働きです。

ニキビ菌と言われるのは、アクネ菌(プロピオニバクテリウム・アクネス)などを指します。
アクネ菌は嫌気性菌で、脂質を好み、毛穴の中の深部に生息します。
アクネ菌は皮脂の中性脂肪を遊離脂肪酸に分解し、毛穴内に刺激を与えて周囲の皮膚の炎症や組織の破壊、ニキビを悪化させていきます。
ニキビの原因の1つである、アクネ菌はニキビが発症しやすい人やニキビができている人だけ存在する菌ではありません。誰の肌にも、皮膚に最も多く存在する細菌なのです。
ですので、アクネ菌さえ、死滅させてしまえば、ニキビがなくなるというわけではありません。アクネ菌への対策ではニキビは改善できません。アクネ菌を増やさない為の対策を実施することです。

思春期にニキビができるのはホルモンが関係しています。
男性ホルモンは皮脂腺を刺激して、皮脂の分泌を増加させていきます。女性でもストレスを蓄積していくと、男性ホルモンの役割が優位にたってしまうので、ストレスを溜めない、または、ストレスを解消していきましょう。女性の場合、ニキビにはピルを飲んで対策する方もいますが、ピルを服用されているときは、改善されても、やはり根本的にニキビそのものを対策しているわけではないので、ホルモンの変動に左右されないような肌づくりをすることです。

思春期にニキビができるのはホルモンが関係しています。
男性ホルモンは皮脂腺を刺激して、皮脂の分泌を増加させていきます。女性でもストレスを蓄積していくと、男性ホルモンの役割が優位にたってしまうので、ストレスを溜めない、または、ストレスを解消していきましょう。女性の場合、ニキビにはピルを飲んで対策する方もいますが、ピルを服用されているときは、改善されても、やはり根本的にニキビそのものを対策しているわけではないので、ホルモンの変動に左右されないような肌づくりをすることです。

  • 顎
    男性ホルモンの影響や顔剃りで肌が傷つくことで起きやすく、肌が乾燥しやすいです。
  • 頬
    食生活の乱れや普段のスキンケアの誤りや対策方法の誤りなどが大きく影響している場合があります。
  • 額
    思春期にできやすく、不適切な眉の手入れ、髪の毛などの刺激や整髪料や洗髪剤になどが影響します。
  • 鼻
    皮脂の分泌量が特に多い為ニキビができやすく、鼻は顔の中でも紫外線の刺激も受けやすいので、皮脂が固まりやすいです。

1つの原因が問題で、ニキビになることはありません。様々な条件が重なることで、ニキビが発生します。
ニキビの原因の中でも、自分にとって最も影響を与えているのは、何かを見つけること。
影響が大きい原因を早めに対策して解決することで、早期のニキビ改善につながるからです。

自分のニキビの大きな原因とその解決方法を知るには、まず、肌診断をお受け下さい。