原因からニキビ改善方法を徹底解説いたします

渋谷店 : 03-6416-3234
名古屋店: 052-232-0065
長野店 : 0263-33-0331

cocotomi > 原因から見るニキビの改善方法や予防

ニキビの原因を徹底解説

ニキビの原因を究明し、それぞれの原因にあわせた適切な対処法のご紹介をいたします。日々の生活から改善できることもありますので、是非ご覧下さい。

ニキビのできる原因

ニキビは、皮脂が毛穴に詰まることによって発生します。
毛穴から分泌される皮脂は、食生活の乱れ、ストレス、睡眠不足、疲労の蓄積などの影響で分泌量が増加します。
皮脂は、赤みを起こしやすい遊離脂肪酸に変化します。遊離脂肪酸による刺激が、毛穴の出口を肥厚させてしまいます。
その結果、皮脂が毛穴の中にとどまりニキビをつくります。また、肌が傷ついていると、環境が整わず、ニキビになりやすくなります。
しかし、皮脂の分泌量が増加しても、皮脂がスムーズに流れる環境が整っていれば、ニキビになることはありません。

ニキビの悪化はニキビ菌を増やす環境

皮脂を遊離脂肪酸に変化させてしまうのが、アクネ菌といわれるニキビ菌の働きです。

アクネ菌は嫌気性(けんきせい)菌で、脂質を好み、毛穴の中の深い部分に生息します。
アクネ菌は皮脂の中性脂肪を遊離脂肪酸に分解し、毛穴の内側に刺激を与え、周囲の皮膚の炎症や破壊を引き起こし、ニキビを悪化させていきます。
アクネ菌は、ニキビができやすい人や、ニキビができている人だけに存在する菌ではありません。誰の肌にも多く存在する細菌です。
ですので、アクネ菌さえ死滅させてしまえばニキビがなくなる、というわけではありません。アクネ菌が過剰に増加しないために、肌環境を整えるケアを実施することが大切です。

ホルモンの変化に左右される肌

思春期にニキビができるのは、ホルモンが関係しています。
男性ホルモンは皮脂腺を刺激して、皮脂の分泌を増加させます。
女性でもストレスなどを蓄積していくと、男性ホルモンの役割が優位になるため注意が必要です。女性の場合、ピルを飲んで対策する方もいますが、服用されているときはよくても、根本的なニキビ対策をしているわけではありません。ご自身のホルモンの変動にも左右されないような肌づくりが大切です。

ニキビができやすい場所とその原因

頬のニキビは、食生活の乱れや、日常の間違ったスキンケアなどが大きく影響している場合があります。
おでこのニキビは、思春期にかけてできやすく、不適切な眉の手入れ、髪の毛などの刺激や整髪料や洗髪剤になどが影響しています。
鼻のニキビは、皮脂の分泌量が特に多く、顔の中でも紫外線の刺激も受けやすい場所なので、皮脂が固まりやすく、ニキビができやすい場所になります。
顎のニキビは、男性の場合、ヒゲ剃りで肌が傷つくことや、肌が乾燥することが原因になる場合が多くあります。

原因と解決方法を知るには、まず肌診断

1つの要因でニキビになることはありません。様々な条件が重なることで、ニキビが発生します。
自分にとって最も影響を与えているのは何かを見つけ、早期にケアすることが大切です。

ご自身のニキビの要因とケア方法を知るには、ご相談ください。

または、お電話でお問い合わせください。

渋谷店 : 03-6416-3234

名古屋店: 052-232-0065

長野店 : 0263-33-0331