あなただけのスキンケアメソッド
無料肌診断
来店肌診断

顎ニキビの改善をお考えなら

顎ニキビの悩みはあなただけのスキンケアメソッドで改善しましょう。このページでは、顎ニキビができてしまう原因から適切な改善方法をご案内しています。

顎ニキビができる原因には間違ったケア、ホルモンの影響が考えられます。

女性の場合は生理周期によってホルモンバランスが変化します。
生理前になりますと「黄体ホルモン」というホルモンが増加します。
黄体ホルモンは男性ホルモンと似た働きがあり、皮脂の分泌を活発にします。
その他、顔が赤くなりやすくなったり、ほてりやすくなったりと、ホルモン変動が、肌に影響を与えていきます。

男性の場合は、ホルモンの変化はありません。
しかし、男性ホルモンは皮脂の分泌を盛んにする働きがあります。
その為、男性のほうが、べたつきやニキビができやすいという場合もあります。
顎にヒゲが生えるため、髭剃りによって肌が傷つけられやすいことがあげられます。
ホルモンバランスは、ストレスによる影響が大きいです。
ストレスを感じた時は「コルチゾル」というホルモンが分泌されます。
これは女性ホルモンの活動性を低下させてしまいます。
逆に男性ホルモンの分泌量が促進されていくのでニキビができやすくなります。

女性の場合、ホルモンの変動は当たり前ですので、ホルモン変動に伴っておきる皮脂の分泌に対してどう対策するかです。
皮脂の分泌量が増えてもニキビにならない人がいるのは、皮脂そのものの質や皮脂が分泌される毛穴の環境が異なるためです。そこを整えることが大切です。
皮脂の質については、食事環境を整えることであり、毛穴の環境を整えるにはスキンケアによる対策が必要です。

女性は生理周期を整えて、変動にあわせて、スキンケアや食生活を整えることです。
男性の場合は髭を剃るときの、道具は正清潔にすること、また髭のそり方や剃った後のケアが大切です。
男女ともに、ストレスを溜めないこと。
ゆっくりとお風呂に浸かったり、体を動かしたりして、血液循環をよくして体の機能を回復させることです。
また五感を働かせることです。視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚などの感覚を刺激することで、気分転換が可能になりストレスを解消します。

普段から、スキンケア対策によって、毛穴の環境を整えていくことです。
皮脂量が増加しても、また、皮脂の質が悪くなっても、毛穴の中に滞ることがなく、スムーズに毛穴から皮脂が分泌される環境にしておくことです。
ただ漠然とスキンケアをしても毛穴の中は整えられません。
どんなスキンケアをするかは、個々に異なります。
肌の代謝の状況や、皮脂の質、毛穴の環境に合わせて、どのようなスキンケアをアプローチしていくかが大切になります。

  • 顎
  • 頬
  • 額
  • 鼻