ニキビ薬がニキビの改善には効果的でない理由をご紹介致します。

渋谷店 : 03-6416-3234
名古屋店: 052-232-0065
長野店 : 0263-33-0331

cocotomi > ニキビ薬はニキビ改善に適さない

ニキビ薬がすべてに有用でない理由

ニキビ薬がなぜニキビ改善に適していないのかをご紹介致します。また、薬を使っていても起こる再発のリスクや悪化の危険性についてご案内いたします。

ニキビ薬が肌にもたらす作用とは

ニキビ薬には、ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌し、菌の増加を防ぐことを目的としたものや、肌表面の角質の柔軟化を行いニキビの元になる角栓の発生防止を目的としたものや、皮脂の分泌を抑制することを目的としたものなどがあります。

薬によっては、短期間のうちに効果が現れるものもありますが、そのような薬の中には、副作用があるものも存在します。
即効性の高い薬など、本来の肌の機能以上の作用を求めて薬を使うことで、反対に肌の機能が弱まってしまう、薬に頼った肌づくりをしてしまう、という逆効果も考えられます。
薬の使いすぎによって、肌のバリア機能、保湿機能、回復機能などの、健康的な肌の機能を弱めてしまう可能性があります。

多くの種類のニキビ薬があるが

ニキビ薬には、皮膚科のニキビ治療で用いられる医薬品や、ドラックストア等で市販されている薬もあります。
肌につけるタイプのニキビ薬や、飲むタイプのニキビ薬もあります。
薬ごとに特徴がありますので、ニキビの状態によって作用する働きが異なります。
また、薬は同じでも、ニキビ自体が常に同じニキビの状態とも限らないのです。

ニキビ薬を使用しているのに再発

ニキビ対策のために、ニキビ薬を利用している方は多いです。
薬の使い始めは効果を実感したが、次第にまたニキビができてしまう
薬を使い続けるのは仕方がないが、いつまで続ければいいか不安
ニキビ薬を利用している、していた方で、こんな経験や思いをしたことはありませんか? 長期に薬を使用することで副作用を招く場合もあります。

ニキビ薬の使用をやめると悪化

ニキビ薬を使用して効果を感じると、多くの方は薬の使用をやめられると思います。
しかし、薬の使用をやめると、またニキビや赤みが起きたりすることはありませんか?
そういった状態になることが怖くて、しばらくするとまた薬に頼る、というサイクルを経験してはいませんか?
薬依存症になって、薬をやめることができない状態になる前に適切な対策方法を考えるべきです。

ニキビが再発しない対策を!

薬は長期使用する物ではありません。対症療法を目的とした薬も多くあります。
ニキビ薬に依存しすぎる前に、薬だけに頼らない適切なケア方法を考えてはどうでしょう。

ニキビを予防しながら、ニキビ対策のスキンケアを行うことで、健康的な肌を目指しましょう。

ニキビが再発しない対策をしたい方は、まず肌診断をお受け下さい。

場所で分かるニキビの原因や対策

または、お電話でお問い合わせください。

渋谷店 : 03-6416-3234

名古屋店: 052-232-0065

長野店 : 0263-33-0331