あなただけのスキンケアメソッド
無料肌診断
来店肌診断

ニキビ薬の問題について

ニキビ薬をあくまでも症状を治すもので、ニキビの問題はご自身の肌にあります。このページではニキビ薬の問題点から適切な肌作りについてご案内いたします。

ニキビ薬には様々な種類とそれぞれの効果があります。簡単に手に入ることができて、簡単に使用できるのが、ニキビに悩む方にとっては嬉しいところですが、薬はリスクを伴うという問題点があります。どんな問題点があるのかを確認したうえで、自分に合った対策方法を考えましょう。

ニキビ薬の中でも塗り薬は直接肌に塗るものです。
ですので、それぞれ大きな目的があります。
ニキビ菌と言われるアクネ菌などの細菌類を抑える為の薬や細菌類を死滅させるお薬、ニキビによって起きている発赤や腫れの沈静をさせる為の薬、肌の表面を柔らかくして、角栓発生を防止する為のお薬、痒みを抑えるお薬など、目的があります。

塗り薬による目的はすべて対症療法にとどまっているのが問題です。
今、ニキビに伴い起きている赤みや、痒み、腫れ、化膿の症状に対して対処することは可能です。またニキビ菌の増加を抑える、死滅させるということも可能です。
しかし、ニキビの発生を根本から取り除くものではありません。症状を治すことはできても、ニキビそのものの発生を止めているわけではないのです。
ですので、薬を塗るのをやめてしまえば、再発する可能性は充分に考えられます。

ニキビの原因は毛穴のつまり、ニキビ菌の増加によるものです。
しかし、ニキビ菌を増やす環境、皮脂が滞る毛穴の環境をつくるのは、ストレスや生活習慣食習慣や誤ったスキンケアによるものです。
ですので、ニキビを発症させない環境つくりを整えていかないと、薬によって、今あるニキビに対して改善はされても、再発するニキビや新たなニキビが発症していては意味がありません。再発する限り薬に頼りすぎると、ニキビよりも自分の肌の働きが低下してしまいます。
まずは、ニキビが治らない問題点を見つけ、適切なスキンケアを行い、ニキビを発症させない環境づくりを整えることです。

  • 顎
  • 頬
  • 額
  • 鼻