ニキビ薬の種類とその特徴について

渋谷店 : 03-6416-3234
名古屋店: 052-232-0065
長野店 : 0263-33-0331

cocotomi > ニキビ薬はニキビ改善に適さない > ニキビ薬の種類と特徴

ニキビ薬の種類

ニキビ薬がなぜニキビ改善に適していないのかをご紹介致します。また、薬を使っていても起こる再発のリスクや悪化の危険性についてご案内いたします。
ニキビ対策で使われる薬にはそれぞれ目的と特徴があります。
塗り薬もあれば飲み薬もあります。
今、ご自身が使用されている薬の特徴を把握しておきましょう。

ニキビ薬の特徴

抗生物質
アクネ菌の殺菌による炎症を改善。
アクネ菌による炎症ではない、白ニキビや黒ニキビには効果がありません。
ニキビの跡は傷痕ですので目的が異なります。
レチノイド
角質の柔軟化、殺菌効果。
ニキビ菌などを死滅させますが、薬を使用しているときに限ります。
皮脂分泌抑制剤
過剰な皮脂の分泌を抑えます。
過剰な皮脂の要因を取り除かないと、使用をやめると皮脂量は元に戻ります。
抗炎症剤
ニキビの炎症を沈静化させます。
炎症ではない、白ニキビや黒ニキビには効果がありません。
漢方薬
処方箋や一般医薬品(OTC)が合わない人などに生薬を原料にした漢方薬を使います。

何に対してケアを行うのか?

ニキビの要因は、毛穴の詰まりとニキビ菌の増加によるものですが、薬の多くは今の症状へ対処するものであり、ニキビの要因を招く間違ったスキンケアやストレス、食生活、ホルモンバランス、生活習慣などの問題までを解決するものではありません。
自分のニキビに対する問題点を確認したうえで、今のニキビへのケア、新たなニキビを考えた対策を行うべきです。

場所で分かるニキビの原因や対策

または、お電話でお問い合わせください。

渋谷店 : 03-6416-3234

名古屋店: 052-232-0065

長野店 : 0263-33-0331