あなただけのスキンケアメソッド
無料肌診断
来店肌診断

鼻ニキビの改善をお考えなら

鼻ニキビに効果的なスキンケア方法をご案内。このページでは、鼻ニキビの原因から予防・ケア方法をご案内いたします。

  • 皮脂の分泌量が多い
  • 頬や顎に比べて皮脂の分泌量が多いのですが、その他と比べて、鼻は、毛穴の奥が深いです。
    毛穴パックや角栓とりパックなどをしたことがある人はわかると思いますが、結構長い皮脂(角栓)ついていた記憶はありませんか?
    また、ついつい押し出してみたことのある方も、思っている以上に、皮脂がでてきたことはありませんか?鼻の毛穴は奥が深いことから、それだけ、皮脂も溜まりやすいとうことです。
    化膿や赤ニキビまでにはならなくても、黒ニキビで留まっている方も大勢います。
  • 紫外線による刺激を受けやすい
  • 紫外線による影響は大きく、何よりも肌を乾燥させてしまいます。当然、肌の水分が奪われることで肌が固くなり、皮脂の通り道である毛穴も固くなります。
    その為、皮脂がスムーズに分泌されにくくなってしまい、皮脂が毛穴に溜まることで、ニキビができてしまいます。鼻は紫外線の影響を受けやすい為、紫外線によるニキビの発症があります。
  • 手で触りやすい
  • べたつく、テカる、鼻に汗をかくことで、ついつい素手で、鼻をいじってしまうことはありませんか?手には雑菌がたくさんついています。雑菌のついた手で鼻を触ることで、餌となる皮脂によって繁殖し、ニキビが化膿することもあります。
    また、メガネを使用している方で、鼻あて部分にニキビができる方も、手では触らなくても、見えない汗もかきやすいのと、鼻当て部分を清潔にしないと雑菌も増加して、ニキビが炎症、化膿しやすくなります。
  • 間違った対策
  • テカる、汚れが付きやすいことから、ついつい念入りに鼻の部分を洗顔してしまう方もいますが、やり過ぎても肌の負担が大きくなります。必要な皮脂まで除去してみたり、肌が傷つくことで、雑菌が繁殖しやすくなったりして、ニキビが進行してしまうこともあります。
    ピンセットや毛穴パックなどで、ニキビや角栓を取り除く方法も、やり過ぎや刺激の強い方法や後処置がしっかりしていないと、皮脂の分泌を増加させたり、過敏に反応するようになってしまいます。

白ニキビや黒ニキビの場合は、毛穴の中に皮脂が滞っているだけなので、ニキビが自然に毛穴からでてこられる環境をスキンケア対策で行うことです。

赤ニキビの場合、毛穴の中で炎症が起きている状態です。ニキビ菌が増加している可能性もありますので、ピーリングやレーザーや毛穴パックなど、刺激の強い対策は行わないこと。
刺激の強い対策は余計に炎症を増加させます。まずは炎症を沈静させることです。

化膿した場合は、膿は毛穴の中に溜めておかないこと。早く毛穴の外に出してあげることです。潰せばいいということではありません。潰すのではなく、膿を取り出してあげることです。潰すと周囲の皮膚も傷つきます。跡になりますので、安易に潰す行為はやめるべきです。

鼻ニキビの改善方法について詳しく >

紫外線の影響を受けやすい場所です。年中紫外線は存在していますので、夏だけではなく、年中紫外線対策をしておくのはお勧めです。乾燥を防ぐことで、皮脂が固まりにくくなり、常にきれいな皮脂が分泌されることで、ニキビの発症を防ぎます。

癖を治す。ニキビができやすい人は、知らず知らずの間に、手で触っているとうことです。
手で触らないことが、汚れや雑菌による肌への刺激が少なくなるために、ニキビ以外の炎症を緩和することになります。

  • 適切なスキンケア方法行う
  • 漠然とスキンケアしていると、肌に負担をかけ、肌を傷つけている場合もあります。
    毎日の間違ったスキンケアをしていれば、いくら素晴らしい商品を使用しても、改善はできません。自分にふさわしいスキンケア方法を実施することです。
    スキンケアに肌を合わせるのではなく、肌にスキンケアを合わせることです。
  • 顎
  • 頬
  • 額
  • 鼻