鼻ニキビは適切なスキンケアで改善しましょう。

渋谷店 : 03-6416-3234
名古屋店: 052-232-0065
長野店 : 0263-33-0331

cocotomi > 鼻ニキビの適切なスキンケア方法について

鼻ニキビのケアと予防

鼻ニキビに効果的なスキンケア方法をご案内。このページでは、鼻ニキビの原因から予防・ケア方法をご案内いたします。

鼻ニキビができる要因

皮脂の分泌量が多い
鼻は、頬や顎に比べて皮脂の分泌量が多いため、皮脂が滞留するとニキビができる確率が高まります。
紫外線による刺激を受けやすい
鼻は、顔の中でも最も紫外線による影響を受けやすい場所です。
紫外線は、肌を乾燥させて、肌の細胞を傷つけます。肌の乾燥が起きることで、皮脂が固まりやすくなり、毛穴に滞留しやすい状態になります。
肌に赤みが起きることで、さらに肌は乾燥していきます。
手で触りやすい
癖で鼻を触りやすい場合、手についた雑菌が皮脂や肌に付着し、ニキビ・白ニキビ・黒ニキビ・赤みを引き起こす可能性があります。
間違った対策
油とり紙などで皮脂を取り過ぎたり、毛穴の黒ずみ除去パックなどで肌の表面を傷つけたりすることで、さらに皮脂の分泌量が増加し、赤みなどを引き起こします。

鼻ニキビのケア方法

鼻のニキビが、白ニキビや黒ニキビの場合は、毛穴の中に皮脂が滞留しているため、毛穴の環境整えるスキンケアが大切です。

全体に赤みのある赤ニキビの場合、毛穴が荒れている状態です。ニキビ菌が増殖している可能性もありますので、ピーリングやレーザーや毛穴パックなどの刺激が強い対策は行わないようにしなければなりません。
刺激の強いスキンケアは余計に赤みを増加させます。まずは赤みを沈静化させる必要があります。

ニキビを安易に潰すと周囲の皮膚も傷つき、その後の跡になりかねません。注意が必要です。

鼻ニキビの予防方法

鼻は紫外線の影響を受けやすい場所です。夏にかぎらず紫外線は存在しています。日々の紫外線対策が大切です。
また、乾燥を防ぐことで正常な皮脂の分泌を促しニキビの発生を防ぎます。

それ以外にも、ニキビができやすい方の中には、無意識のうちに、手で触る癖がある方が多くいます。
癖を意識し、手で触らないことで、汚れや雑菌の付着や刺激の防止になり、赤みなどを緩和することにつながります。


適切なスキンケア方法行う
そして、日々の適切なスキンケアが大切です。
間違ったスキンケアは、知らず知らずのうちに肌に負担をかけ、肌を傷つけている場合があります。
自己流のスキンケアではなく、自分の肌に合わせた正しいスキンケアが大切です。

場所で分かるニキビの原因や対策

または、お電話でお問い合わせください。

渋谷店 : 03-6416-3234

名古屋店: 052-232-0065

長野店 : 0263-33-0331