赤みが出てきたニキビの改善方法をご案内いたします。

渋谷店 : 03-6416-3234
名古屋店: 052-232-0065
長野店 : 0263-33-0331

cocotomi > 赤みが気になるニキビの対処法について

ニキビの赤み

ニキビの赤みでお悩みならあなただけのスキンケアメソッド。りんごのように赤くなってしまうなど手ごわい赤みの対処法をご案内いたします。

ニキビの赤み

同じニキビでも、白ニキビや黒ニキビの時、赤みはありません。
ニキビの赤みは、皮脂によって赤みが起きている場合、ニキビ菌による赤み、外部刺激による赤みなどがあります。化膿しているようなニキビの赤みは、痛みを伴います。

赤みが目立つと、精神的に負担を与えます。また、赤みはシミを作る原因のひとつです。肌にとっても、精神的にも、赤みを長引かせることはよくありません。

ニキビの赤みの原因とは

皮脂による赤み

本来、毛穴の中に留まる事のないはずの皮脂が、毛穴の中に溜まることで、ニキビができてきます。

同じ皮脂でありながら、赤くなる時と、赤くならない場合があります。

始めから赤みを引き起こす皮脂ではなく、皮脂が毛穴の中にとどまることで、肌を刺激し、周囲の皮膚の赤みを引き起こします。

ニキビ菌による赤み

ニキビ菌と言われる、アクネ桿菌は嫌気性菌であるため、表面にはおらず、皮脂腺の近くに生息しています。そして、皮脂を餌として増殖しているのです。

毛穴の中や皮膚表面の皮脂量が多くなると、ニキビ菌が増殖し、毛穴にたまった皮脂を分解して、遊離脂肪酸という物質を生成します。

この遊離脂肪酸が増加することで、毛穴が刺激されて炎症が起きます。
皮膚は、ニキビ菌の増加を阻止する為に、白血球を集結させます。それが皮膚の炎症を引き起こします。

皮脂そのものに対しての対策、皮脂による影響を受けない為の肌つくり そして、アクネ桿菌が好む環境をつくらない為の環境つくりが必要です。
そのための改善対策を実施しましょう。

ニキビが治まっても、ニキビの赤みが長く消えない場合は、その他にも要因がありますので、まずは肌診断で確認して下さい。

自宅でもできる赤み軽減方法

ストレスを溜めないこと
ストレスが溜まることで、血中の脂肪分が増加して、血液が流れにくい状態になります。栄養と酸素が十分に肌に届きません。ストレスで発生する活性酸素が、炎症の悪化や炎症の沈静を遅らせていきます。ストレスを軽減するか、活性酸素を抑える対策をすることです。
睡眠の質を高める
寝る前の間食やスマホ・PCの使用は深い眠りを妨げます。
リラックスした時間を作り、質の高い睡眠を心がけましょう。
間違ったスキンケア対策はしない
機械を当てる、皮膚を溶かす、刺激を与えるようなスキンケア対策はニキビの赤みを増大させます。肌状態に合ったスキンケア方法を。
過去に、スキンケア化粧品を使用してもまったく変化がなかった、という方がいることでしょう。ニキビの赤みの要因は様々です。万人に共通した対策法は存在しません。
しかし、対策は必要です。問題は対策が自分にあっていないからです。正しい知識のもとで対策することが大切です。

なかなか消えない赤みには

皮脂を毛穴の中に溜まらせない

毛穴の中に皮脂が留まってしまうのは、皮膚の代謝が悪いことが考えられます。
皮膚の代謝が悪いことで、角質が肥厚して毛穴を塞ぐことがあります。
そうなってしまうと、皮脂が毛穴の中に留まってニキビが発生し、やがてニキビの赤みがおきてきます。

肌の代謝を整えるには、肌そのものに対策して代謝を整えるほか、生活習慣や食生活にも影響があります。
夜更かしやタバコや過度な飲酒は避けましょう。タバコは特に血流が悪くなる為に、栄養素、酸素が各細胞に届きにくくなり、代謝が遅れていきます。
タバコの煙に含まれる微小成分は毛穴つまりの原因になり、ニキビを引き起こします。
タバコやストレスなどが活性酸素を発生させて、細胞が傷付けられることで、ニキビの赤みが進行します。

皮脂の影響を受けない肌つくり対策
刺激を与えやすい皮脂になったとしても、肌が丈夫であれば、炎症の進行を遅らせることもできるはずです。ニキビができるとすぐに赤くなってしまう場合、根本的に肌に問題があります。すでに赤みを帯びた肌はそれだけ肌が傷んでいる状態ですので、ニキビが悪化しやすい可能性があります。
詳細は、肌診断で確認下さいませ。
アクネ菌が増加しない為の環境つくり対策

薬によって、アクネ菌を殺してはいけません。
アクネ菌はそもそも私たちの皮膚に常時存在する常在菌です。アクネ菌がいることで、肌が健康を保つこともできているのです。なので、全部殺菌して退治するようなことは、意味がありませんし、他の常在菌まで死滅させてしまえば、逆効果です。

それよりも、アクネ菌が異常に増殖しない環境を整えることです。
それには、まずは、皮脂が毛穴の中に溜まらないようにすることです。

肌そのものの対策を基本としながら、生活習慣や食生活などの外部要因も対策が必要になります。肌状態や生活習慣などは個々に異なりますので、それに適した対策をスキンケアメソッドでは、立てていくことができます。

場所で分かるニキビの原因や対策

または、お電話でお問い合わせください。

渋谷店 : 03-6416-3234

名古屋店: 052-232-0065

長野店 : 0263-33-0331