赤ら顔と脂漏性皮膚についてご案内いたします。

渋谷店 : 03-6416-3234
名古屋店: 052-232-0065
長野店 : 0263-33-0331

cocotomi > 赤ら顔と脂漏性皮膚の改善秘策

赤ら顔には脂漏性

赤ら顔の原因は脂漏性皮膚にあるのをご存知ですか?このページでは脂漏性皮膚の症状から、赤ら顔のセルフケアについてご案内いたします。

赤ら顔とは

赤ら顔の状態は、文字通り顔が赤いということですが、皮膚の内面的な要因で赤い場合と、外面的な要因で赤い場合があります。
皮膚の内面的な要因の赤ら顔は、肌がリンゴのように赤くなっている肌や、毛細血管が浮き出て赤くなっている肌、寒いところから暖かいところに入ると赤くなる肌、人前で話すことや会議など緊張すると赤くなる肌、笑うと赤くなる肌などがあります。

皮膚の外面的な要因の赤ら顔は、肌が薄くて毛細血管が見えて赤い、外部刺激によって起きる肌荒れの赤ら顔、毛穴1つ1つが赤くなって顔全体が赤い肌、顔全体が脂っぽい赤ら顔、べたつきがある赤い肌などがあります。
内面的な赤みか、外面的な赤みかによって、赤ら顔の対策方法は異なります。

赤ら顔の原因の1つは脂漏性

外面的なところから起きている赤ら顔の1つとして、脂漏性皮膚という状態があります。

脂漏性皮膚
・毛穴1つ1つが赤くなって、肌全体が赤く見える
・大きなニキビよりも小さなニキビが多く、肌全体が赤く見える
・べたついて肌触りがザラザラの肌
・髪の生え際に赤みが起きて赤みがある頭皮
・髪の毛がベタつき痒みやフケが多い頭皮

毛穴が赤い場合は、分泌される皮脂によって赤みを起こしている状態です。
また、皮脂の分泌量が多い頬、額、眉毛、鼻ほど、赤みが起きやすくなります。
目の周りは肌色ですが、頬との境界線が見えるほど赤みが出る場合もあります。
肌触りは悪く、触るとポロポロと皮脂の塊が取れる場合や、皮膚の表面が黄色く薄いかさぶたができている場合があります。
あぶらとり紙が欠かせない人や、洗顔してもすぐに肌がテカってくる、べたつきがでてくる人は、肌の皮脂の量と水分の量のバランスが乱れています。
皮脂が、肌や毛穴を刺激する状態に変化することによって、炎症が起きます。

脂漏性皮膚による赤ら顔のセルフケア

生活習慣の乱れやストレスや間違ったスキンケアは、皮脂の分泌量を増加させます。
皮膚の表面の皮脂を取り除くだけのスキンケアでは、今ある皮脂を取り除くだけで根本的な対策とはいえません。皮脂が多く分泌される肌環境を変えないかぎり、これからも皮脂はたくさん分泌されます。
脱脂力の強い洗顔剤の使用や、過度な洗顔回数といった、無理に皮脂を取り除くスキンケアは、必要な皮脂まで除去してしまう可能性があります。
それにより、皮脂が不足していると捉えた肌は、余計に皮脂の量を増加させます。
皮脂を取り除くことよりも、皮脂を正常な量に整えるスキンケアが大切です。
また、分泌させる皮脂量をコントロールする一つとして、食生活を見直すことも大切です。

根本的なケア方法

脂漏性皮膚の場合、皮脂が要因となって赤みが起きていると考えられます。
また、脂漏性は一般的に「マラセチア菌」と呼ばれる常在菌が関係するとも言われています。

皮脂も常在菌も、どちらも元々肌に存在するものです。そして、健康な肌は赤みを引き起こすことはありません。

つまり、皮脂や常在菌に対するケアよりも、それらをコントロールできなくなっている肌の状態を整えるためのスキンケアが大切です。

赤ら顔の施術事例

実際に赤ら顔でお悩みの方の施術事例をご紹介致します。肌の経緯から施策内容まで、詳しくは詳細ページをご覧下さい。

場所で分かるニキビの原因や対策

または、お電話でお問い合わせください。

渋谷店 : 03-6416-3234

名古屋店: 052-232-0065

長野店 : 0263-33-0331