原因からみるニキビ跡の改善方法ついて

渋谷店 : 03-6416-3234
名古屋店: 052-232-0065
長野店 : 0263-33-0331

cocotomi > 頬ニキビができる原因と改善 > 原因を理解しニキビ跡を改善

ニキビ跡の原因と対策

ニキビ跡の原因は様々で、種類によって対策も異なります。このページでは、ニキビ跡の根本的な原因から種類別の原因のご紹介致します。

ニキビ跡の原因

ニキビ跡はニキビの状態や再発頻度やできる場所によって、ニキビ跡の状態が異なります。
ニキビができたあとに皮膚が赤みを起こしている、ニキビの赤みはおさまったものの跡が茶色くシミになった色素沈着、皮膚の表面が凹んでしまったクレーター状態、皮膚が盛り上がったしこりやケロイド状態と様々です。
ニキビ跡は肌にできた傷跡です。白ニキビができてもすぐにニキビが改善されれば、赤くなっても傷跡になることもなく、その赤みもすぐに改善されていきます。
ニキビ跡ができてしまう原因として共通することは、ニキビが繰り返しやすい、赤みのあるニキビができやすい、ということがあげられます。

ニキビ跡の種類別原因

ニキビ跡の赤み
毛穴のニキビは落ち着いてきたが、皮膚にはまだ赤みが残っている状態です。
間違ったスキンケアや紫外線などの刺激によって、赤みが消えない可能性があります。
また、肌の代謝が正常に働いていく必要があります。
ニキビ跡の色素沈着
赤みのあるニキビや赤ニキビを潰してしまった後に紫色になる場合があります。
茶色のシミは、ニキビができた時に色素細胞に刺激が伝わり、メラニンを生成してしまうことで色素沈着につながります。
ニキビ跡のクレーター
同じ場所に繰り返しニキビができてしまったことが原因です。同じ場所に繰り返しできることで皮膚が傷つきます。強い赤みのあるニキビが発生した場合も皮膚が傷つき、再生できず、赤みが落ち着いた時には、肌が凹んでしまっていることがあります。
ニキビ跡のしこり・ケロイド
ニキビによって皮膚が傷つき、修復するときに細胞をつくり過ぎる為に盛り上がってしまうことが原因です。皮膚の薄い背中や胸でとくに起こりやすい現象です。また、体質的な要素もあります。

場所で分かるニキビの原因や対策

または、お電話でお問い合わせください。

渋谷店 : 03-6416-3234

名古屋店: 052-232-0065

長野店 : 0263-33-0331