あなただけのスキンケアメソッド
無料肌診断
来店肌診断

ニキビ跡の原因と対策

ニキビ跡の原因は様々で、種類によって対策も異なります。このページでは、ニキビ跡の根本的な原因から種類別の原因のご紹介致します。

ニキビ跡はニキビの状態や再発頻度、できる場所によって、ニキビ跡の状態が異なっていきます。
ニキビができたところが、皮膚が炎症を起こしているニキビ跡の赤み、赤みが治まったものの茶色くシミになった色素沈着。
皮膚の表面が凹んでしまったクレーター、逆に皮膚が盛り上がった状態のしこりやケロイドです。
ニキビ跡は肌にできた傷跡です、白ニキビができてもすぐにニキビが改善されてしまえば
赤くなっても、傷跡になることもなく、その赤みもすぐに改善されていきます。ニキビ跡ができてしまう原因として共通することは、繰り返しニキビができている、また化膿したニキビができやすいということがあげられます。

  • ニキビ跡の赤み
  • 毛穴の中のニキビは落ち着いてきたが、皮膚の内部には炎症がまだ残っている状態です。
    肌の代謝が正常に行われていないとなかなか改善されません。
    また、間違った対策や紫外線などの刺激によって、赤みが消えない可能性があります。
  • ニキビ跡の色素沈着
  • 化膿したニキビや化膿したニキビを潰してしまった後に紫色になる場合があります。皮膚の中の血管から血がにじみでてしまったのが原因です。
    茶色のシミはニキビができた時に、肌が傷ついたことで、色素細胞に刺激が伝わり、メラニンを生成してしまった為に色素沈着が起きます。
  • ニキビ跡のクレーター
  • 同じ場所に何度も繰り返しニキビが発生したのが原因です。同じ場所に繰り返すことで血液中の白血球が皮膚組織を破壊した為です。化膿したニキビが発生した場合でも、皮膚の真皮までもが破壊されていくため、再生できずに、落ち着いた時には、凹んでしまっていることがあります。
  • ニキビ跡のしこり・ケロイド
  • 皮膚がニキビによって傷ついた組織を形成する時に、異常に細胞をつくり過ぎた為に逆に盛り上がってしまったのが原因です。皮膚の薄い背中や胸ができやすいです。また、遺伝的な体質があります。
  • 顎
  • 頬
  • 額
  • 鼻